【生命保険営業】保険会社の副業禁止規程は人権侵害かつ憲法違反!

【生命保険営業】保険会社の副業禁止規程は人権侵害かつ憲法違反!

件名の通りである。一社専業で募集人稼業やってる人は自分が知ら
ない内に人権侵害されていて憲法違反の服務規定を社員に押し付け
るブラック会社に勤めてるという事なのだ。

そもそもでだがあなたは日本国憲法のこの条文を読んだ事はあるだ
ろうか?日本国憲法22条。

「何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の
   自由を有する」

素晴らしい条文ですねえ。あなたはこの条文により自らの意志で募
集人稼業を選んでるわけです。北朝鮮みたいに強制的に拉致されて
収容所で働かされてないでしょ?(笑)つまり日本はイイ国なのです
。ところが保険業界においては肝心要の保険会社がこの素晴らしい
条文の違反する違憲の服務規程を未だに募集人に対して押し付けて
るわけ”(-“”-)”

例えば私の古巣プルデンシャルの服務規程にこんな規程がある。

兼業の禁止
「非営利団体における活動も含め、職務を遂行する妨げとなる場合
 や利益相反またはその可能性があると会社が判断する場合、兼業
 行う事は認められません。全ての役員・社員は会社から書面によ
 る事前の承認を受けずに他企業の役員・社員・共同経営者・管理
 人等として勤務する事も他の職務に就くことも許されていません
 。役職に関係無くいかなる役員・社員もプルデンシャル生命と競
 合する他社の職務を引き受ける事は出来ません。また会社の承認
 なく会社の取引先の業務と兼業する事も禁止されています」

よくもまあ今の時代にこんな時代錯誤も甚だしい人権侵害の規定を
残してるもんだと思いますよ”(-“”-)” ちなみにあらゆる副業申請が
承認されないのは言うまでもない(笑)なぜこの規程が極悪非道で人
の道に外れていると言えるのか?そもそもでですが労働法務を司る
監督官庁の厚生労働省の見解を知ってますか?

実は2018年1月から厚生労働省は日本のあらゆる法人に対しての服
務規定の雛形から副業・兼業禁止規程を削除しているのです。つま
り監督官庁は拘束力こそ無いものの「日本国内の全法人に対して副
業・兼業禁止規程の即時撤廃」を求めてるって事ですよ。

ところがプルデンシャルを含む一社専業の保険会社は全社が営業職
員に対して副業の解禁はしてませんわね(-_-;)お上の意向に逆らう
とはイイ根性してますよね~。なんでこういうとこだけはちゃんと
忖度しないのかしら?(笑)いつもは過剰なくらいにお上の意向に盲
目的に従うくせに(-_-;)

ちなみに売れてない募集人が最もしたい事は日銭を稼ぐ為のバイト
ですよね。ところが現状、バイトをする時は服務規程違反となる。
飯を食う為のバイトを合理的な理由無く禁止するのは生活権の侵害
だし、そもそもで日本国憲法第22条の職業選択の自由の侵害だ。飯
を食う為にやむなくバイトをする、普通ではないか。しかも会社に
バイトがバレたらなぜか懲罰を食らう。おかしな話だ(-_-;)

そしてこの副業禁止規程は私のように売れっ子募集人だった人間に
も迷惑極まりないモノだ。私は募集人稼業が軌道に乗ってから凄く
増えてきたのが私のノウハウを学びたいという研修講師の依頼だ。
で、自分の貴重な時間を割いて研修の準備をして臨むわけである。
凄い付加価値のある質の高い仕事をしている。が、会社のふざけた
副業禁止規程のせいで無報酬である(-_-;)

私はプルデンシャルに入社する時に一番響いたのは

貢献=報酬

という部分だ。この「貢献」てのは生命保険の販売での契約者への
貢献だけってのがプルデンシャルという会社の考え方らしい。でも
キャリアを重ねるに連れてこれは欺瞞だなと気付くわけです(-_-;)
他の募集人に対しての研修を行う事も含めて出会った人全てに対し
てのあらゆる「貢献」に対して正当な「報酬」が発生するのが本当
の意味での「貢献=報酬だろ!」ってどんなバカでも気付きますよ
“(-“”-)”

副業禁止規程というクソ規程の一番の被害者は実はエグゼ連中です
よ。プルデンシャルのエグゼ連中は良くも悪くも事業保険メインに
なります(富裕層対象)んで、当然中小企業のオーナーへの経営改善
のアドバイス等も多くなります。そのアドバイスにより業績が好転
するなんてよくある話。ようは経営コンサルタント的な仕事が多く
なるわけです。ところが会社の人権侵害かつ憲法違反の規程のせい
でコンサル料は1円も発生しないのです(-_-;)

おかしいだろ、これ!”(-“”-)”これのどこが「貢献=報酬」なんだ
よ!これが仮に副業禁止規程の無い代理店所属の募集人だと自分の
コンサル会社を別途持っていてちゃんと中小企業社長と保険販売と
は関係無いコンサル契約をしてますよ。私がMDRT都内ブロック委
員時代からの仲のイイ奴で今はTOT会員にまで登り詰めたNくんは
保険の販売手数料以外のコンサル料やその他収入で1億の事業所得
を得ているんですから↑。

一社専業のMDRT会員は会社の副業禁止規程により多大なる収益機
会の逸失になっている事に猛烈に怒るべきなのです”(-“”-)”搾取以
前の問題ですよ!仕事というのは成果と報酬はイコールでなくては
ならんのです。特に個人事業主はね。ところが一社専業の保険会社
というのはこの「貢献=報酬」ってのを会社に都合良く解釈しやが
るわけ(-_-;)

ちなみに一社専業の保険会社が副業禁止規程を撤廃しない理由は簡
単で万が一、副業やった募集人が何がしか副業でトラぶった時の会
社への風評被害を嫌っての事なんだが、そもそもで副業は会社の看
板なんて無くても出来るって話ですよ!大体、会社は保険販売にお
いてもこちらが失敗しても責任取ってくれないんだから(-_-;)どう
せ会社は責任なんて取らないんだから黙って副業くらいやらせろ!
って話ですよ。

私自身、会社が副業禁止規程を撤廃しないせいで出来なかった研修
育成事業に完全シフトして独立起業したところ、MDRT会員だった
時より事業所得が簡単に上回った↑。会社がいかに私が稼ぐ機会を
妨害していたかの証明ですよ(-_-;)

そもそもで副業禁止規程の一番の問題はね、あなたが人としてちゃ
んと尊重されて扱われてないって事ですよ。何回も言うけど日本国
憲法第22条によりあなたは職業選択の自由を確約されてるのだ。副
業も込みでね。人権侵害をされているのだ。本当に怒るべきなのだ
。そういう会社は存在を許しちゃいけし社会的制裁を加えるべきな
のだ”(-“”-)”

あ、ちなみに一社専業の保険会社の副業禁止規程を撤廃させるのは
簡単だよ♪日本は法治国家だからね、法律を盾にするのが一番なの
だ(笑)私もプルデンシャル時代にこれをやろうとしたんだけど、そ
れより独立起業の方が早かったから結局やらなかった。どんな方法
か知りたいでしょ?(笑)

ま、それを知れる場が私のやってる紹介営業マスター養成講座と1
日7時間完全模倣研修なんだけどね(笑)知っているか知らないかだ
けの差と表現していいが、この差は「知ってる人に話を聞きに行く
かどうか」だけの差とも言えます。

そんなノウハウについてもっと詳しく勉強したい方やそんな手数料
を生み出す、完全模倣の大元となる正しい行動原則を知りたければ、
1日7時間完全模倣研修でのレベルの高い話でお会いしましょう(笑)

そんな募集人のあなたに私から1日7時間完全模倣研修前のライト
な研修のプレゼントが紹介営業マスター養成講座だ!そこで見込み
客15人を進呈出来ればと思っています!奮ってご参加ください(^^)

○●○━━━━━━━━━━━━━━━━●○●

保険屋さん以外のメルマガ登録はこちら
      ↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=tsuz0721&MagazineID=6&MoreItem=1

保険屋さんのメルマガ登録はこちら
      ↓
https://mm.jcity.com/MM_PublicSubscribe.cfm?UserID=tsuz0721&MagazineID=1&MoreItem=1&Sample=1

大量紹介入手に欠かせない、エクセルシートプレゼント!
詳しい使い方は紹介営業マスター養成講座・1日7時間完全模倣研修にて・・
下記申し込みフォームより受け取ってください!
      ↓
https://asp.jcity.co.jp/FORM/?userid=tsuz0721&formid=173

【最先端の保険販売スクリプトと未来永劫尽きる事のない紹介による見込み客発見手法が入手出来る1日7時間完全模倣研修の申込はいつでも受付中】